賃貸物件の申込・契約・住み心地など

賃貸物件でクローゼットに穴。自分で補修すべきなのか。

積水ハウスのシャーメゾンに入居中の管理人。サイトのタイトルにもあるように今注文住宅を検討していることもあり、退去のことが気になっている。

賃貸物件でクローゼットに穴。自分で補修すべきなのか。

ということなのだが、

そうクローゼットに穴をあけてしまったのだ。

賃貸物件なのに。

 

思い切りハンガーをあててしまって、クローゼットに穴。

思いの外クローゼットって簡単に穴があくのね・・・

 

クローゼットの穴をこのままにしておくと退去時に請求されるのが怖いって

思った。

クローゼットの穴の補修費用か交換費用をきっと請求されるはず。

クローゼットの交換費用は、物によるので一概にはいえないけれど

調べると安くて2万。高いと5万くらいが相場ってところ。

 

シャーメゾンなにかと修繕費用高いイメージ(泣)

 

だから、クローゼットの穴を自分で補修しようかなっておもったわけ。

でも、調べると難しそう。。。

穴がちょうど目の高さだから、目立ってしまうし。

 

それでふと思いついたのが

賃貸で加入している火災保険のこと。

そういえば、故意ではなければ、破損したものの修繕費用とかってだしてくれるんじゃなかったっけ?

 

自分で補修して余計目立つようにしてしまえば

いかにも、故意でやりました。って感じになるから

火災保険適用できるならそれに越したことなさそう。

退去までまつのが怖いけどね。

 

とにかく、ここのシャーメゾンの賃貸契約資料を見返して

火災保険の詳細をチェックせねば!

 

-賃貸物件の申込・契約・住み心地など

© 2021 三井ホームで家を建てるまでと建てた後