ハウスメーカー決定前の注文住宅日記

タツミプランニング(注文住宅)の営業マンの印象まとめ(1回目)

タツミプランニング(注文住宅)の営業マンの印象。

 

スーモカウンターを通して、タツミプランニングとの初回面談を設定してもらった。その時の印象を箇条書きでまとめたもの。

 

  • 営業担当者の第一印象は良くない
  • うつむき加減で人の目を見て話さない
  • いきなり資料の説明に入り唐突感がある
  • 会社の説明はない
  • 施工の話が主
  • 断熱材:ウレタン泡断熱が特徴の模様
  • 魔法瓶ハウス
  • 換気システムは、熱交換式を採用
  • 開放感のあるデザインが得意
  • タツミプランニング本社はみなとみらい
  • みなとみらいにタツミプランニングの展示場あり
  • 話しているうちに、営業担当者の印象は良くなっていく
  • ただの人見知り?(そうは見えない)
  • 不動産は、営業マンが知っている不動産に依頼をかける
  • 不動産は別のところで決めた方には、なぜこのデザインの希望でこの土地にしてしまったのか。と思うことも正直あるそう(言えないけど)

 

ざっと印象に残った話や、印象に残った営業マンのことははこんな感じ。

営業マンの最初の印象は良くなくて『この人大丈夫?』って思った。アイスブレークも何もないし、まずは資料の説明を・・・とか施工の説明を・・・とかの前置きも何もなく

資料を開いて、唐突に説明が始まった感じ。

タツミプランニングは、一度潰れそうになった会社という記事があった。

「神奈川一つぶれそうな会社」からの変化 タツミプランニング・米山茂社長 RIZAPグループ入りで住まいの変革をコミット

 

だから、会社のことも気になっていたけど、

会社の説明はなかったな。

デザインや間取りは素敵な印象。

断熱材も大手に卸していたりと、タツミプランニングの特徴みたい。(泡ウレタンの賛否は別にして)

中庭、吹き抜けできますか〜?

と聞くと、全然大丈夫です、みたいな回答だった。

 

最後の方には、営業マンの印象も悪くなく、

自分たちのイメージを

なんとなく掴んでくれた模様で

1階にLDKがあった方がいいですね〜とか、ばくっとした形を

すでに捉えてくれたのは良かった。

 

 

-ハウスメーカー決定前の注文住宅日記
-,

© 2021 三井ホームで家を建てるまでと建てた後